グラーツ投資顧問の投資情報速報

7月5日◎前場◎急騰銘柄の今後の展望と真相

=================
<2303>ドーン
=================
買い先行スタート

同社株が朝から大量の買いを集め大きく窓を空けての買い気配スタート。

エクシオグループと官公庁向け防犯分野で業務提携を発表したことが買い材料視されている模様。

また、エッジAI技術に強みを持つtiwakiと資本業務提携も同時に発表したことが買い人気に拍車をかけているのでしょう。

株価は今回の発表を素直に好感、朝から大量の買いを集め買い気配でのスタートとなっております。

=================
<2809>キユーピー
=================
買い先行スタート

同社株が朝から大量の買いを集め大きく窓を空けての買い気配スタート。

昨日発表した24年11月期第2四半期累計の決算で連結経常利益が前年同期比2.7倍の203億円に急拡大、通期の連結経常利益も従来予想の322億円から361億円に12.1%上方修正し、増益率が57.1%増から76.2%増に拡大し、6期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった事が買い材料視されているのでしょう。

株価は良好な業績を素直に買い反応、朝から大量の買いを集め大きく窓を空けての買い気配スタート、気配の段階で前回高値を上回り年初来の高値を更新。

どこまで上値を目指すのか?

同社株の推移に注目して参りましょう!

=================
<3205>ダイドー
=================
配当大幅増額修正

同社株が朝から大量の買いを集め気配の段階で制限値幅上限の1095円ストップ高張り付き様相に。

25年3月期の期末一括配当を従来計画の5円から100円に大幅増額修正することが買い材料視されている模様。

1095円ストップ高での配当利回りは10%に迫る水準、配当利回りに着目した買いが向かっているのでしょう。

無料銘柄相談

保有中の銘柄動向や対処法など
銘柄に関してのご相談はすべて
私達にお任せください
無料で診断させていただきます
03-5847-3520 ご相談はコチラから

マーケット情報

金融庁 Financial Services Agency
お客様本位の業務運営に関する基本方針
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ