グラーツ投資顧問の投資情報速報

●01月13日後場●急騰銘柄の今後の展望と真相

=================
【3094】スーパーバリュー
=================

後場一気に買いが向かいストップ高比例配分となりました同社!

正午ごろ、株式3分割を実施すると発表したことに加えて、従来40円を予定していた17年2月期の期末一括配当を50円にすると発表しており、一気に買いが向かっております。

さらに同時に発表した第3四半期累計(16年3~11月)単独決算が、売上高547億1300万円(前年同期比9.4%増)、営業利益4億6400万円(同3.4倍)、純利益3億3700万円(同2.8倍)と大幅増益となったことも株高を加速させました。

好業績、株式分割、増配と好材料3連発で一気に買いが向かっており、どこまで値を試すかに注目となります。

=================
【2438】アスカネット
=================

本日もストップ高まで買いが向かい、2連騰となりました!

米ラスベガスで開催された家電見本市CES2017のBMW社のブースで、同社のAIプレートを搭載した「HoloActive Touch」が発表されており、この体感レポートが同社HPで紹介されたことから動意付きを見せています。

BMW社の「HoloActive Touch」技術は、ホログラムで仮想のセンターコンソールを表示させ、触覚フィードバックによるタッチ操作が可能で、体感レポートでは、プレートから画面は25センチ程度浮かせてあるのに結像に乱れがないことや、輝度・コントラスト比が高く非常に見やすい、さらにタッチの触感は圧倒的な完成度で誤動作も一切ないとして、同社のデバイスが他の技術と結びつき、実用化に向けて新たな展開が見込まれることや、業績寄与への期待感から連日買いが向かっています。

株価は大幅続伸でストップ高まで買いが向かっており、週明けの高値更新にも期待大!

=================
【3778】さくらインターネット
=================

今朝の急騰銘柄としても紹介の同社は寄り付き後、さらに買いが向かいストップ高にて取引終了となっています!

産業技術総合研究所(産総研)と「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」を共同研究する先端素材高速開発技術研究組合(Hi-Mat)から、スーパーコンピューターシステムを受注したと発表したことが買い材料!

このプロジェクトは、材料開発と計算科学の融合・連携によって革新的機能性材料の創成・開発の加速化実現を目的としており、今回の受注は、同プロジェクトのために産総研とHi-Matで共同運営するスーパーコンピューターシステムに、さくらの高火力コンピューティング基盤が採用されるというものとなっています。契約金額は5年間の総額で約21億円で、4月1日からの提供開始が予定されています。

ブロックチェーン関連としても人気の同社ですが一段高にも期待大!

無料銘柄相談

保有中の銘柄動向や対処法など
銘柄に関してのご相談はすべて
私達にお任せください
無料で診断させていただきます
03-5847-3520 ご相談はコチラから

マーケット情報

6月10日 22時52分更新

  • 日経平均
  • 23,124.95
    +33.92
  • TOPIX
  • 1,624.71
    -3.72
  • 日経平均先物
  • 23,020.00
    -65
  • CME日経平均先物
  • 22,865.00
    -30
  • JASDAQ平均
  • 3,488.44
    +6.21
  • マザーズ指数
  • 1,036.37
    +15.49
  • NYダウ
  • 27,134.73
    -137.57
  • NASDAQ
  • 9,996.43
    +42.68
  • 上海総合指数
  • 2,943.75
    -12.36
  • 香港ハンセン指数
  • 25,049.73
    -7.49
  • ドル/円
  • 107.32
    -0.41
  • ユーロ/円
  • 121.96
    -0.16
金融庁 Financial Services Agency
お客様本位の業務運営に関する基本方針
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ