グラーツ投資顧問の投資情報速報

●02月03日後場●急騰銘柄の今後の展望と真相

=================
【6081】アライドアーキテクツ
=================

本日大幅高となりました同社!

上場観測が伝わってきていたスナップチャットを運営する米スナップですが、2日にIPOの申請書類を公開したことで、これを好材料視した買いが関連銘柄に向かっています!

同社はグループ会社のReFUEL4 Pte. Ltd.が、米スナップの運営するSNS「スナップチャット」の広告パートナープログラムにおいて、クリエイティブAPIパートナーに認定されたと発表したことで一昨日に急騰した背景があります。

ReFUEL4の顧客企業は「スナップチャット」においても動画広告を活用したマーケティング施策の展開が可能となりますが、「スナップチャット」のデイリーアクティブユーザー数は1億5000万人に達しているとされることから、今後の業績寄与への期待感が向かった模様です。

本日はスナップチャット関連銘柄として『今週の無料推奨銘柄』にも大きな買いが向かっております。現状数少ない関連銘柄として引き続きこれらの銘柄が注目を集めていくことになるでしょう!

=================
【3661】エムアップ
=================

昨日よりご紹介の同社は本日大幅続伸となりました!

電子チケットの開発・運営などを手掛けるEMTGが実施した第三者割当増資を引き受け、1月31日付で払い込みが完了したと発表しており、併せて業務提携についても合意を発表したことが引き続き買い材料視されております!

EMTGは、約100アーティストの有料ファンサイトおよびファンクラブの運営やシステム提供を行っているほか、電子チケットを用いてチケット不正転売対策を行っている企業で、エムアップでは、電子チケットサービスを将来性の高い事業領域と位置付け、親和性の高いビジネスを構築できると見たことから今回の提携につながっています。

読み通りの連騰となりましたが、短期過熱感も高まっておりますので週明け以降の急な反落には注意して参りましょう。

=================
【7502】プラザクリエイト
=================

本日もストップ高比例配分にて取引終了となり、大きく3連騰となりました同社!

一昨日の急動意後、ソフトバンクを割当先として自己株式の処分を行うと発表していることが株価を強く後押し!処分株式数は135万株で、ソフトバンクの保有比率は10.74%となり、同社の主要株主となります。

両社は07年に電気通信サービスの加入取次ぎに関する販売代理店契約を締結し、キャリアショップ「ソフトバンクショップ」「ワイモバイルショップ」の事業の運営ノウハウを共有する協業関係にありましたが、今回調達する資金はキャリアショップの出店拡大に充てるとしています。

同社はセルフで写真印画紙プリントを実現する写真印画紙自動出力機「ファースト ラボ」をリリースしたとの発表から急動意となり、導入第1弾として、ソフトバンクショップに同機器を活用した写真セルフプリントコーナー「スマホプリントステーション」を開設すると発表しています。導入店舗は順次拡大し、今夏までに100店舗まで拡大する予定だとしており、業績への寄与が期待されています。

買いの勢いはまだまだ衰えず、来週の続伸にも期待が持てるでしょう!

無料銘柄相談

保有中の銘柄動向や対処法など
銘柄に関してのご相談はすべて
私達にお任せください
無料で診断させていただきます
03-5847-3520 ご相談はコチラから

マーケット情報

1月17日 23時55分更新

  • 日経平均
  • 24,041.26
    +108.13
  • TOPIX
  • 1,735.44
    +6.72
  • 日経平均先物
  • 24,030.00
    +100
  • CME日経平均先物
  • 24,015.00
    -30
  • JASDAQ平均
  • 3,920.58
    +1.20
  • マザーズ指数
  • 884.81
    -1.79
  • NYダウ
  • 29,321.80
    +24.16
  • NASDAQ
  • 9,370.94
    +13.81
  • 上海総合指数

  • 0.00
  • 香港ハンセン指数

  • 0.00
  • ドル/円
  • 110.11
    -0.04
  • ユーロ/円
  • 122.22
    -0.45
金融庁 Financial Services Agency
お客様本位の業務運営に関する基本方針
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ